2012年01月08日

ポメラDM100

ポメラDM100

キングジムから新型のポメラが発売された。
ポメラDM100




今までのポメラとは違い、ノートパソコンのような開き方をする。
キーボードは折りたたみ式ではなくなった。
日頃からポメラDM20を愛用している私としてはとても気になり
早速 家電量販店にいって実物を触ってきた。
今回はその印象をレポートする。

まず 一見してまず感じたのは「長くて薄い」である。
今までのポメラシリーズは キーボードの左右を持ち上げて
真ん中から二つ折りにし さらにディスプレイを手前に倒してかぶせるスタイルであった。
ところがポメラDM100は ノートパソコンと同じたたみかたになった。
ディスプレイをキーボードの上にかぶせるだけである。
このため従来のポメラシリーズに比べて 
厚さは薄くなるかわりに 左右の幅は長くなる。
個人的な印象では「厚さはいいが ちょっと長いかな」と感じた。
しかし これは使っていくなかで慣れてしまう程度のものだと思われる。

質感ははっきり言って とても安っぽい
重さが軽いせいもあるのだろうが おもちゃのようだ。
だが 私はこの点に関してはあまり気にならない。
ポメラには 手軽な文字入力ツールとして
役割をきちんと果たしてもらえれば
それで十分だと考えているからである。

ディスプレイについてはもっと大きくしてほしかった。
ポメラDM100のディスプレイは5.7インチ
ポメラDM20の5インチから若干大きくなっただけである。
コスト的なこともあるので仕方ないのかもしれないが
ワイドディスプレイを採用してほしかった。
ポメラを開いた瞬間「ディスプレイ 小さいなぁ」と思ってしまった。
ただし バックライトがついたことはおおいに評価できる。

辛口の評価がつづいてしまったが、歓迎すべき点はたくさんある。
まずは Bluetooth 搭載、
これで iPhone, iPad のキーボードとして使える

次に 辞書機能 国語辞典 和英、英和辞典を収録
文章をかくのにとても便利、ちょっとした英語学習にも使える

SDカード対応、ポメラDM20はmicroSD だった。
SDカードのほうが扱いやすい

CSV形式に対応、簡単なスプレッドシートが作成できる。

極めつけは 親指シフト対応
これはすごい。
テキスト入力ツールとしてつきつめていくと
親指シフトに行き着くことは当然といえば当然であるが
実用化したことで このポメラDM100の存在価値が
上がっていると思う。
一部ではあるが対応してないキーがあるということなので
注意が必要ではあるが
親指シフトを パソコンに導入するまえの
トレーニング機としても使える

家電量販店での 店頭価格は 3万円弱
価格com では 2万5千円弱 である。

この機能を考えると 決して高い値段ではない。




posted by がじろう at 21:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

Eye-Fi カード

Eye-Fi カード

「あれっ おかしいなぁ・・・」

たった今撮った写真が再生できない。

結婚式で新郎新婦をデジカメで撮影した直後のことだ。
今撮った写真を見てみようと再生ボタンを押しても 写真が液晶に表示されないのだ。

困ったなぁ 結婚式の写真なのに・・・・
SDカードの接触が悪いのかな と思い
SDカードをカメラから一度抜いて入れ直してみる。
しかし、やはり同じで写真が表示されない。

カメラがおかしいのか
SDカードがおかしいのか・・・
今この場では判断できない。

予備のSDカードがあれば入れかえてみればわかるのだが
今日は用意していない。

家に帰らないとカメラとカードのとちらが悪いのか分からない。



家に帰って調べてみたところ 結局おかしいのはSDカードのほうだった。
撮影した写真は3枚ほどデータが壊れていた以外は ほとんど正常に記録されており
無事に吸い出すことができた。
まさに 不幸中の幸いだった。

SDカードは買いかえるしかなさそうだ。
まあ 仕方がないと思うのだが、
このSDカード、 普通のSDカードではない。
とても便利なSDカードで 

その名前を Eye-Fi カード (アイファイカード) という。




どこが便利なのかというと
外見は普通のSDカードと同じ形なのだか
無線LANに接続する機能があるのだ。

自宅に無線LANがあれば
デジカメで写真を撮った後、
家でデジカメの電源をONにするだけで
Eye-Fi カードが自動で無線LANに接続して
Eye-Fi カード内にある写真をパソコンに転送してくれるのだ。

USBケーブルで デジカメとパソコンをつなぐ必要がないのでとても楽である。
最初にパソコンで設定するだけ 次からはデジカメの電源を入れるだけ。
自動でフォルダを作って写真を転送してくれるし
Picasa や Flickr などのフォトストレージサービスにも自動でアップロードしてくれる

写真好きの私にはとてもありがたいものなのである。
Eye-Fi カードを使い始める前は 
パソコン内に自分でフォルダを作って
被写体やイベント別に写真を整理していたのだが
これが ものすごくめんどくさい。
めんどくさいので さぼるとどんどん整理されてない写真がたまっていき
さらにめんどくさくなる・・・・・

Eye-Fi カードを使うとこの苦労から開放される。
私は自動で撮影日ごとにフォルダを作る設定にしてある。
それでは どのフォルダにどの写真があるか 後からわからなくなるのではないか
と思われるかも知れないが 
時系列に整理してあると だいたいいつごろどんな写真を撮ったか
意外と覚えているものだ。
さらに Googleカレンダーに 被写体や撮影場所、イベントなどを入力してあるので
それから 日付を調べることもできる。

どんどん写真を撮って 整理はEye-Fi カードにまかせる。
これが 一番である。

というわけで 愛用のEye-Fi カード が壊れてしまったので
新しいのを買うことにした。

ネットで調べると 新しいのが出ているらしい。
私が今まで使っていたのは 初代Eye-Fi カード のようだ。

Eye-Fiカード
Eye-Fi カード (初代)と付属のUSBアダプター

早速 家電量販店に買いに行った。
あまり需要がないのか 
店内を探してもEye-Fi カードが見当たらないので
店員に尋ねると 裏のほうから出してきた。
あまり在庫をもってないらしく 最後のひとつだと言う。
買わないと始まらないので 即購入。

Eye-Fiカード
Eye-Fi カード(今回買ったもの)と付属のUSBアダプター

家で初期設定をして 準備完了
これで また 写真がたくさん撮れるようになった。

Eye-Fi カード
Eye-Fi カード 左が初代 右が今回買ったもの
付属のUSBアダプターにつけたところ

蛇足ではあるが このEye-Fi カードには
iPhone や Android のアプリが出ているのを知った。
知らないうちに Eye-Fi カード も進化しているのだ。
頼もしいかぎりである。










┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
デジカメで写真を撮りまくりたい方に!
      超高速ポータブルストレージ!『NEXTODI』
 ↓詳しくは↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1TZ9GG+41VBUI+1P5O+HWPVN
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘



posted by がじろう at 19:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

EVERNOTE を使いこなす

EVERNOTE を使いこなす


みなさんは EVERNOTEを使ってますか?

私は 1年ほど前から使っています。

といってもヘビーユーザーではなく 
なんとなく思いついたアイディアや 記録しておきたいことなどを
テキストで保存している程度です。

EVERNOTE より Dropbox を先に使い始めたということもあり
Dropbox の中にあるファイルのほうが EVERNOTEの中にあるファイルより多いというのが現状です。

それはそれでまあいいか と思っていたのですが
ちょっと不都合なことが起こりました。

というのも 先日 メインで使っているデスクトップの調子がおかしくなってしまい
数年ぶりにWindows をクリーンインストールしたのですが
その際 Dropbox も 同期しなおすことになります。

インターネット環境があまりよくないこともあり
この同期に予想以上に時間がかかってしまいました。

Dropbox の中を見ると 保存する必要のないファイルがけっこうあることに気づきました。
使用量は 無料で使える2Gのうち 半分の1Gを超えていました。

そういうわけで Dropbox の整理をしてすっきりさせることにしました。
やることは おおまかに2つ
1 保存の必要のないファイルの削除
2 テキストファイルを中心に EVERNOTEに移動
です。

パソコンを数台同時に使っているので
Dropbox の容量を減らせは
各パソコンのハードディスク容量の節約にもなります。

これからは EVERNOTE を使う頻度が上がるので
多少なりとも EVERNOTE の使い方を覚えておこうと参考にしたのがこの本です。

P1020042.jpg

EVERNOTE の便利技 や iPhone iPad Android との連携法まで具体的に解説してあります。
初心者向けというより 中上級者向けの本です。
普段 EVERNOTE を使っており、もっとうまい使い方を知りたい人にはいい書籍だと思います。

私自身 EVERNOTE 関連の本を買うのは これがはじめてだということもあり
恥ずかしならが 「ノート」や「ノートブック」の概念をはじめて知りました。

Dropbox から EVERNOTE への引越しは 少し時間がかかるかもしれませんが徐々にやっていくつもりです。
















posted by がじろう at 21:47| Comment(0) | クラウド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クレジットカードお得術
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。